皮膚のトラブル

皮膚のトラブル

自分で行うムダ毛の処理の方法で、多く行われているのは毛を抜く方法です。
この方法はムダ毛を毛根から引き抜くので、一見きれいに脱毛したように見えます。
しかし、毛を引き抜く際に毛根につながっている毛細血管を傷つけて出血を起こしたり、毛根部分に起こる炎症を起しやすいので注意が必要です。
毛を抜いたあとに、皮膚がかゆくなったり、毛穴がブツブツと目立つのは、脱毛した後に毛細血管から出血したり炎症を起こしたりしているからです。
また、毛を抜いたときに、毛根が引っ張られて横になってしまうと、新しい毛が生えてくるときに、毛先が皮膚の外に出ず、皮膚の中に埋没したまま伸びていくトラブルも起こりやすくなります。
そのほか、除毛クリームやブリーチ剤、家庭用脱毛器などを使うときも、いきなり使わずに、腕の一部分などで一度試してから使用した方が良いと思います。