脇の脱毛の歴史

脇脱毛の歴史

欧米で、脇のムダ毛の処理が一般的になったのは、20世紀前半のことらしいです。なんでも、安全剃刀が発明されたため、脇のムダ毛処理が普及していったようです。

ただ、東ヨーロッパでは、脇のムダ毛処理が一般的ではなかったらしく、ベルリンの壁が崩壊する前、国際試合で、フィギュアスケートの女子選手がワキ毛を出してすべっていたのが日本でも話題になりました。

日本では、長い間着物を来ていたので、肩やワキを露出することがなかったため、洋服(半袖、ノースリーブ)の普及とともに、第二次世界大戦後、1950年代に一般的になったようです。

ワキのムダ毛の処理方法としては、カミソリで剃る他に、ワックス脱毛や脱毛クリームなどが発明されました。
また、近年では、レーザー脱毛の他、光脱毛などの最新技術による脇の脱毛がさかんになっています。

現代では、女性のワキのムダ毛を処理するのは、エチケットとして定着しています。
ですから、脇の脱毛方法は、負担の少ない優しいものを選ぶのがよいのではないでしょうか。